貸事務所選びでの注意点!契約する前に押さえておきたいポイント
business.com

必ず注意したい賃貸事務所との契約~入居編~

貸事務所選びでの注意点!契約する前に押さえておきたいポイント

メンズ

退去時の解約予告

退去する時には当然のこと、解約する旨をオーナーや不動産会社に知らせる必要があります。しかし、退去する時の解約を書面で通知する必要があるのか、退去予定の何ヶ月前に予告しなければならないのかなどの条件は各オーナー、不動産会社によって異なります。予告期間外で急な移転をした際には、違約金や損害賠償が発生するので注意が必要です。

原状回復の費用

原則として退去する際には借りた貸事務所は元の状態に戻す必要があり、原状回復工事を施工業者へ依頼しなければなりません。この原状回復工事の費用はオーナー側で支払うのか、入居者側で支払うのかでトラブルになりやすい事例です。大阪で貸事務所の契約を行なうなら、あらかじめ原状回復工事の費用はどちらが支払うのか明確にしておきましょう。

保証金の返還

契約時に担保として預けた保証金は、退去時に支払ったお金の1割~2割ほど返還されます。そのため、明け渡しする前には保証金の返還がいつ行われるのか、どれほどの金額が返還されるかなどは把握しておくといいでしょう。間違っても保証金を取り忘れのないようにしておくべきです。

多くの方が貸事務所を選ぶときのポイント

no.1

賃料

貸事務所は住宅同様に毎月賃料がかかり、年間で換算すると多額の資金が必要になります。そのため、貸事務所を探す際には自社での収益と維持費が比例した物件を選ぶようにしましょう。

no.2

間取り

自社でどのようなビジネスをするのかを考えた上で、適切な間取りの物件を選ぶように心掛けましょう。しかし、間取りが大きければ、大きいほど賃料も上がるので、それを考慮してから物件をお選びください。

no.3

周辺環境

ビジネスを行なう貸事務所の立地だけでなく、周辺環境も非常に大切です。駅からのアクセスはいいか、自社でのビジネスに適した流通ルートがあるのかなどを調べておきましょう。

no.4

防犯性能

万が一のときに備えて、防犯性能にもこだわりたいところです。防犯カメラや赤外線センサーなどが付随している貸事務所などは犯罪の抑止力があり、セキュリティ面でも安心できておすすめです。

no.5

オーナー

大阪では貸事務所選びでオーナーとの付き合いが長くなるということを想定し、オーナーの人柄で物件選びを進める方もいらっしゃいます。トラブルを避けるためにも、ご自身と良好な関係を結べる人物と契約しましょう。

広告募集中