B工事に関する基礎知識!移転する前に知っておきたいこと
business.com

工事区分で変わる内装工事!B工事は一番注意が必要

B工事に関する基礎知識!移転する前に知っておきたいこと

社内

内装工事の種類

オフィスの入居に関わる工事には誰が施工し、誰が費用を負担するのかということが、契約した時点で決められています。A工事では、貸主が指定した業者が施工し、費用負担は貸主となります。B工事では貸主が指定した業者が施工し、費用負担が「貸主」になります。C工事では、借主が指定した業者が施工し、費用負担は借主となります。

想定外の出費になる可能性も

ここで注意したいのが、B工事です。B工事は入居者が工事費負担するということもあり、オーナーが施工業者に値段交渉しないため、費用が高くなる恐れがあります。そのため、オフィスに入居する際には、退去時の内装工事がA、B、C工事のどれが何に該当するのかを事前に確認しておきましょう。

B工事でコスト削減できる方法3選

no.1

オーナーに交渉する

B工事とC工事で内容が被っているという場合があります。B工事とC工事が重複していると、単純計算で負担費用が2倍になります。B工事でコスト削減するに、C工事でもやれることはC工事に統一してもらうようにオーナーに交渉しましょう。

no.2

施工業者に交渉する

オーナーよりと交渉するも難しいですが、指定された施工業者に直接交渉してみましょう。工事内容や使用する資材などを確認しながら、クレバーな解決方法を提案すれば通常よりも値引きができるはずです。また、良好な関係を築きたいと接する気持ちが大事です。

no.3

Bに区分される箇所を綺麗に使う

入居時からB工事と区分されているポイントをマークしておき、退去までキレイに使用するようにしましょう。やはり、キレイな状態の方が施工業者からの印象もよく、値下げ交渉に応じてくれる可能性も高いです。キレイに使用するのが難しいのであれば、費用負担が大きい部分だけを清掃しておくといいです。

広告募集中