business.com

ビジネスに沿った貸事務所を選ぼう!快適な環境で業務効率がアップ

ビジネスと空間の関係性

ビジネスでの生産性や品質は仕事をする空間で大きく左右します。そのため、ビジネスの効率化や業績アップを目指すためには、オフィスレイアウトやオフィス環境を整える必要があると言えます。

貸事務所をお探しの方必見!オフィス移転のノウハウをご紹介

オフィス

起業するために必要な事務所

大阪では新しくビジネス事業を展開するためにオフィス移転する経営者も多く、貸事務所に人気があります。しかし、実際に理想通りの条件から貸事務所を探すとなれば、手間や時間がかかって非常に大変です。そこでインターネットを利用することをおすすめします。

インターネットの利便性

インターネットでは大阪をはじめ、全国各地にある貸事務所の情報が豊富に掲載されています。そのため、ご自身のこだわりの条件から簡単に理想通りの貸事務所を見つけることができます。また、ネットなら貸事務所の最新情報をリアルタイムで確認できるため、条件にマッチした物件を探しやすいです。

比較しておくことが大事

貸事務所を探す上で気を付けたいのが、不動産会社の選び方です。貸事務所を仲介してくれる不動産会社は複数あり、同じ物件でも価格が異なることもあります。長期間利用することを想定している場合、少しでもコストを減らしたいはずです。そのため、貸事務所を選ぶときには、できるだけ多くの不動産を比較しておきましょう。

オフィス移転の進め方

旧オフィスの解約

オフィス移転で一番最初に行なう必要があるのが、旧オフィスの解約です。現在利用している旧オフィスの予告期間に合わせて、あらかじめ退去する旨をオーナー、不動産会社に伝えましょう。中途解約の場合には、予告期間まで賃料を支払う必要があるので注意が必要です。

オフィスを探す

次に、オフィスを探します。オフィスを選ぶポイントは各業態によって変わりますが、自社でのビジネス目的に合った貸事務所を探しましょう。気に入った物件があれば、一度下見をしておき内装やインフラ設備を確認しておくといいです。

新オフィスの契約

新オフィスで契約を結びます。新オフィスの契約には、会社概要や代表者の身分証明書、登記簿謄本などが必要になります。また、それだけでなく他にも必要書類がいくつかあるので、オーナー、不動産会社に確認しておきましょう。

施工業者へ依頼

新オフィスのレイアウトを施工業者へ依頼するなら、契約後からすぐに行動しましょう。施工業者にどのようなイメージでオフィスを作り上げたいかを伝えた後にプランを考えていきます。また、旧オフィスでの清掃が済んでいない場合、併せてオフィス清掃を業者へ依頼しておくといいです。

新オフィスへの引っ越し

引き渡し当日には、旧オフィスから新オフィスへ引っ越しを始めます。オフィス関係者や運送会社などとこまめに連絡取りながら、スムーズに引っ越しを完了させましょう。新オフィスへ引っ越しが終われば、オフィスの設備や備品などに不備がないかを確認し、問題なければ移転完了です。

B工事って何?

オフィス移転する際には、「B工事」という言葉を耳にすることもあるはずです。B工事とは、退去時にオーナーが指定した業者を選び、入居者が発注して工事を行なうというものです。工事費の負担は入居者に課せられています。

快適な空間作りのため

オフィス移転は出費も多く、コストがかなり高いため、納得ができる仕上がりにしたいはずです。何度も施工業者と確認を重ね、ご自身にとっても、働く従業員にとっても満足度が高い空間を手に入れましょう。

[PR]

広告募集中